2013年02月25日

「デンタルフロス」(4)〜40代からの歯磨き新常識(はなまるマーケットより)〜

 
はなまるマーケットで、「40代からの歯磨き新常識」を紹介していました。アラフォーを通り越して、もうアラフィフになろうとしていますから、真剣に見ました。
 
20130207090404
 
1.歯磨きは食後30分後に

食後すぐは口の中は酸性でエナメル質が溶けやすくなってるから、30分以上後に磨くのがいいそうです。今の今まで、「食後すぐ磨くのがいい。」と思っていました。そうは思っていても、グズグズしていて30分以上は時間が経過してから磨くことが多かったです。ラッキーなことでおかげで虫歯が一つもなければいいのですが、残念ながら私の歯は治療痕だらけです。仕方がないから、歯が抜けてしまわないことを目標にしています。
 
2.寝る前の10分間歯磨き

10分も歯磨きしなくてはいけなかったんですか?いつの間に伸びたのでしょう?私が知らなかっただけで、前から40歳過ぎたら10分は磨かなければならなかったのでしょうか?私の感覚では3分が限界ギリギリ最長に感じます。しかし、取り立ててしたいこともなく、急ぐ必要もないアラフィフの私なのですから、10分歯磨きを目指しましょうか?
 
3.デンタルフロスと歯間ブラシを使う。
 
とっくにデンタルフロスは必需品です。歯ブラシだけでは、食べかすがよく取れないのですから!歯が空いて、こんなにものが挟まるようになるとは、20代の頃には思いもしなかったです。最近は、歯茎の三角形に沿うように、歯茎をマッサージするようにデンタルフロスを使うようにしていますが、歯茎のブヨブヨが減っているようです。
 


 
私の他のブログの関連する素の記事
http://d.hatena.ne.jp/senseki/20130207
 
「招福センサー」の関連する記事
「デンタルフロス」(1)〜40過ぎたら糸ようじ〜
「デンタルフロス」(2)〜糸ようじ3種比較〜
「デンタルフロス」(3)〜3分以上のためにダブル磨き〜
「デンタルフロス」(4)〜40代からの歯磨き新常識(はなまるマーケットより)〜
ボクシングは体と頭にいい。
ターザンの「お腹が凹まない8の理由」とボクシング
股関節痛とスキーとボクシング
外反母趾とスキーとボクシング
乳がん検診(視触診・マンモグラフィー)
今は、週に2日のお酒のペースで落ち着いて、しかも、薄い酒。
メニエルはストレスでなるのかも?
 
この記事のカテゴリは▼ 2. 生活と健康 ▼健康 (体、病院、、)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!
 
「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
ジョギングの速度
ベンツW202 C240 C200
潜入!リアルスコープ・大反響・平均年収1700万円女性ボートレーサー地獄の研修110期・第2章
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
しずちゃんが女子ボクシングでロンドンオリンピックへ
ブルガリ・オムニア・アメジスト
posted by 招福 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 (体、病院、、) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。