2012年11月13日

「メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス」と「フランス国立印刷局」

 
銀座で時間が有り余っていたので、「銀座の美術館」の検索語で出てきた「メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス」に行ってみました。フランス大使館とかそういう公的なものがやっているのかと思っていましたが、それにしては、ちょっと小さいし、雰囲気が違うので、案内の方にどこがやっているのか聞いてみました。「フランスの博物館・美術館協会」と「大日本印刷」がやっているということでした。
 
20120508142104
 
3階ではセザンヌの印刷の額絵を見ながら、iPadで解説を聞くことができました。iPadはいろいろ出来るものなのですね。イヤホンがイヤホンではなくて、耳に音をだすものではなくて耳の上の骨に直接振動を伝えるもので、これはいいわ。と思いました。
 
20120508141659
 
1階と2階は美術館グッズと印刷物の販売をしています。スカーフがお勧めのようでした。そんなに広くはないスペースの各階にきれいな女の子が配置されているのに驚きました。地下は図書館でした。広くはないので若干気詰まりでしたが、時間が有り余っていたので、ちょっとそそられた活字印刷の本を速読気味に読みました。
 
活字印刷というのは単純なものなのだろうと思っていましたが、そう簡単なものでもないということが分かりました。フランス王立印刷所で、楔形文字とか日本語とかまで対応していたのには驚きました。ネットでちょっと調べてみました。フランス国立印刷局は売却のお話があるそうです。文字の世界遺産とも言えるほどのものだと思うので、残した方がいいだろうけど、人による技術の継承もしなければならないので、コストがとてもかかりそうだと思いました。
 

 
 
私の他のブログの関連する素の記事
http://d.hatena.ne.jp/senseki/20120512
  
「招福センサー」の関連する記事
今日は東京のことを書きましょう。
夜の柳橋と馬喰町をブラブラ
2012年9月3日のこと。オリンピックカラーの東京タワーのライトアップが気になって、銀座から芝公園まで歩いた。馬鹿です。
なぞなぞ、不思議、大森貝塚
天王洲アイルは、かっこいい場所ですね。第一ホテル東京シーフォートに泊まって探索。
 
この記事のカテゴリーは▼ 1. 趣味と遊び ▼ブラブラ (旅、ドライブ、、)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!
 
「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
雪道最強の車は、「アウディ・A3・クワトロ・3.2リットル」だけど、すべぇ〜るベンツ(FR)も面白い。〜私が関係した車で比べてみましょ〜
ジョギングの速度
潜入!リアルスコープ・大反響・平均年収1700万円女性ボートレーサー地獄の研修110期・第2章
金子みすず〜国民的詩人の悲惨な生涯〜をNHKで見ました。
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
自作の池
ザ・プリンスさくらタワー禁煙のツインルーム (46.07平米)にお一人様で、アムールスパのエステもね。わはは。
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。