2011年12月22日

「デンタルフロス」(3)〜3分以上のためにダブル磨き〜

20111102202004
 
新発売の「ミント付き」の「小林製薬・糸ようじ」です。
 
20110610235603
 
これが前からある、「小林製薬・糸ようじ」です。
 
新発売の「ミント付き」の「小林製薬・糸ようじ」は何が違うかというと、「ミント味が付いていること」と、「色」が違うだけです。何かもっと違うのかと思っていたので、軽くショックを受けました。ミントの味は付いていても付いていなくても、どっちでもいいと思いました。色は、前からある方の方が、ミントな色だったので、微妙だと思いました。色もどっちでもいいと思いました。
 
続・デンタルフロスでは、「クリニカ・ダブルフロス」「小林製薬・糸ようじ」「デントイン・フロスアンドピック・スモール」を、使っていましたが、もう、「小林製薬・糸ようじ」しか、使う気がなくなりました。高くても、使いやすい方がいいものですね。
 
さて、記事のタイトルの「歯磨きの新技!」のことを書きましょう。
 
よく、「歯磨きは3分以上する。」とか言われます。でも、習慣のない人はなかなか出来ないと思います。私はデンタルフロスをして歯磨きをします。今、自然な感じで時間を計ってみました。デンタルフロスに1分20秒。歯磨きに1分でした。3分には見事に足りていませんでした。
 
でも、最近は、「デンタルフロス+歯磨き」を2回繰り返しているのです。これだと、余裕で3分はクリアしています。時間が足りていないから2回にしたわけではなくて、まだ汚れが残っている気がして2回にしてみたら、次の歯磨きまで、歯があまりザラザラにならないのを発見したからです。
 
ボクシングで身にしみていますが、3分はなかなか長いです。同じことをやり続けるのは辛いものがあります。でも、「デンタルフロス+歯磨き」を2回だと、口を濯くのも4回になるし、私は舌もブラッシングするし、次々とやることがあるので飽きることはありません。時間で3分やる。という漫然としているよりも、やることがハッキリしているので、やってしまいます。
 
それに、デンタルフロスの1回目と2回目では、歯垢の量が明らかに違うので、「あ〜、キレイになった。面倒くさいけど、確かに効果的だわ!」と、モチベーションも落ちません。「デンタルフロス+歯磨き」×2は、なんとすばらしい方法なんだと、悦に入っています。
 


 
「招福センサー」の関連する記事
「デンタルフロス」(1)〜40過ぎたら糸ようじ〜
「デンタルフロス」(2)〜糸ようじ3種比較〜
「デンタルフロス」(3)〜3分以上のためにダブル磨き〜
ボクシングは体と頭にいい。
ターザンの「お腹が凹まない8の理由」とボクシング
股関節痛とスキーとボクシング
外反母趾とスキーとボクシング
乳がん検診(視触診・マンモグラフィー)
今は、週に2日のお酒のペースで落ち着いて、しかも、薄い酒。
メニエルはストレスでなるのかも?
 
この記事のカテゴリは▼ 2. 生活と健康 ▼健康 (体、病院、、)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!
 
「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
ジョギングの速度
ベンツW202 C240 C200
潜入!リアルスコープ・大反響・平均年収1700万円女性ボートレーサー地獄の研修110期・第2章
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
しずちゃんが女子ボクシングでロンドンオリンピックへ
ブルガリ・オムニア・アメジスト
posted by 招福 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 (体、病院、、) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。