2011年09月23日

「東京メトロ To M e カード」のPASMOがあっという間に届いたのでさっそく使う。東京にあまり行かない人こそ、ものすごく便利かも。

「東京メトロ To Me カード」を2011年9月10日(土曜日)にネットで申し込みました。次の日、審査に通りました。というメールが来ました。ちなみに、私は専業主婦のなので収入はゼロです。無担保の借金はありませんが、郡山のアパートの建築費の借入金の連帯保証人になっているのでたくさん借金はあります。あの土地。担保になるんですね。あはは。
 
この早さを考えると、審査って個々でイチイチしていなくて、カード会社ではすでにデータを持っているのかもしれませんね。私は別にデータをもたれても別にいいかなぁ〜。と思っているので、早くて快適だからナイスです。
 
16日には、振替口座の登録はがきが来たので、その日のうちに出しました。早くてあと1週間くらいかな?と思っていたら、17日には「東京メトロ To Me カード」が着きました。まさか1週間で出来てしまうとはびっくりです。次の東京の仕入れに間にあうとは思っていなかったので、驚きました。ネットというか、情報網というか、今のスピードってすごいですね。
 
カードと同窓のご利用ガイドは5冊ありました。ちょっとゲンナリです。それなりに読みましたが、よくわかりませんでした。結局の所、そのまま持っていって改札機にかざすだけで使い始められました。クレジットカードなので、カードのサインは忘れてはいけませんね。メトロポイントを付けたい場合は、その登録が必要です。それは、ネットで簡単に出来ます。ボーナスポイントの付与は入会月の翌々月の11日だそうです。
 
クレジットカードを利用したオートチャージは、乗車時に3000円がチャージされて使い始められ、残金が2000円以下になると、また、3000円がチャージされる。ということでした。改札機の表示を見ると、そのようにやっているようでした。初期設定はそのようになっていますが、1000円から10000円の範囲で設定の変更が可能で、それは、駅で変えてもらうようです。
 
私は基本的に設定はノーマルが一番いい。と思っているので、どうしてもということがなければ、そのままでいくと思います。
 
細かい感想ですが、台風の影響で交通マヒな感じの東京で「PASMO」はとても便利でした。イチイチ考えて切符を買わなくていいのですから。都営線でも、ゆりかもめでも使えました。
 
うちに届いたカードを、バッグについているカードケースに入れて、都営浅草線の東日本橋の改札機のICカードと書かれている所にかざしたら、「ピッ」とお金がチャージされて、改札が開きました。あっけないけど、うれしかったです。後で気が付いたのですが、いくら使ったとか改札機に表示がイチイチ出ていました。
 
切符を買っている間に電車が行ってしまったりもしますし、ほんとに「PASMO」は便利です。東京にあまり行かない人にこそおすすめしたくなります。初めての東京でも持って行った方がいいかもしれません。
 


 
招福センサーの関連する記事
 
「東京メトロ to me カード」を作る。〜SuicaかPASMOで迷い、東武か西武も迷い、VISAかMasterか迷って〜
 
「招福センサー」の人気記事
 
ひどいにきびの治療
 
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
 
ジョギングの速度
 
ベンツw202 C240
 
潜入!リアルスコープ・大反響・平均年収1700万円女性ボートレーサー地獄の研修110期・第2章
 
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
 
しずちゃんが女子ボクシングでロンドンオリンピックへ
 
ブルガリ・オムニア・アメジスト
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227246609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。