2011年06月27日

額田王 式子内親王 小野小町 殷富門院大輔

光村の中三の国語の教科書に、
 
「君待つと 我が恋ひ居れば 我がやどの すだれ動かし 秋の風吹く」
 
が載っていました。額田王です。額田王といえば、
 
「あかねさす 紫野行き標野行き 野守りは見ずや 君が袖振る」
 
しか知りませんでしたが、さすがやねぇ〜。額田王!天才か?と思いました。
 
「思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」
 
小野小町です。ちょっと、「クスッ。」ときました。無理でしょう?作ってますね?
 
「玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする」
 
これは百人一首にも選ばれているので知っていました。式子内親王です。いやぁ〜、やっぱりいいですね。やけっぱちなところが大好きです。
 
教科書にはありませんが、
 
「見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色は変らず」
 
さらにやけっぱちで大好きです。殷富門院大輔、「いんぷもんいんのたいふ」と読むんですね。すぐ忘れそうです。
 
一番、満遍なくもてそうなのは、小野小町な気がします。殷富門院大輔は普通の感覚の人には敬遠されそうです。額田王と式子内親王は特にハイレベルな人に愛されそうですが、額田王の方が元気で、式子内親王はより女性的な感じがします。時代の影響かもしれませんね。
 
女流の方が面白いような気がするのは、私が女だからでしょうか?私が知らない面白い歌がたくさんあるんでしょうね。やっぱり、古典はいいですね。
 


 
「招福センサー」の関連する記事
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
額田王 式子内親王 小野小町 殷富門院大輔
有島武郎から短歌。
金子みすず〜国民的詩人の悲惨な生涯〜をNHKで見ました。
なぜ人間は裸の猿?
 
この記事のカテゴリーは▼ 5. 人文・芸術・教育・科学・他 ▼言語表現 (短歌、、、)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!
 
「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
ジョギングの速度
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
自作の池 
セロウム
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
池袋のホテル・メトロポリタンのスーペリア・ツインにポンパレで。質実剛健なホテル〜
ザ・プリンスさくらタワー禁煙のツインルーム (46.07平米)にお一人様で、アムールスパのエステもね。わはは。
 
posted by 招福 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語表現 (短歌、、、) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。