2011年06月11日

「英語苦手からの脱出(8)」まとめ編

まだまだ、書きたいことはあるのですが、いったんまとめたいと思います。
 
英語が通じたり、分かったりするためには、単語力も文法も発音も大切です。たぶん、日本人だから、どれも完璧にはできません。単語力も文法も発音もすべてだめだったら、さっぱり通じません。でも、そのうちの2つが合っていれば、だいたいネイティブの人は汲んでくれるでしょう。
 
たまに、外国人に日本語で言われて、さっぱり分からない時がありますが、それはすべてがわからない時です。2つが分かれば、日本語ネイティブな私たちは察して上げられます。でも、あんまり分からないと、英語で言ってくれていいのに。と思ってしまいます。
 
海外でも、日本人がたくさん行く所では、英語をしゃべってくれません。日本語でいわれます。たぶん、面倒くさいからでしょう。でも、通じそうな英語でしゃべりかければ、しゃべってくれます。笑顔と共にがんばってみるといいと思います。
 
会話をしなくても、発音は大切です。フォニックスをやっていれば、単語が覚えやすいです。そして、知らない英語でも、正しく読めるようになります。発音は聞き取りにも影響します。というか、私は発音を勉強するまで、さっぱり聞き取れませんでした。
 
私が一生懸命勉強したのは4年間です。あまりやらなくなって、5年たとうとしています。今は、めっちゃ自信がある!という状態ではありませんが、英語の文が出てきてもビビりませんし、英語のトリセツがあっても平気です。変な英語のメールが来ても大丈夫です。今の状態で、十分幸せな感じです。聞き取りと会話は、かなり落ちているのかもしれませんが、やり直せば前ほどの時間はかけなくても、元に戻せるのではないかと思っています。
 


 
「招福センサー」の関連する記事
「英語苦手からの脱出(1)」英語の絵本編
「英語苦手からの脱出(2)」小学生向けの英語の本編
「英語苦手からの脱出(3)」英語の読み方編
「英語苦手からの脱出(4)」英語の発音編
「英語苦手からの脱出(5)」英会話編
「英語苦手からの脱出(6)」英作文編
「英語苦手からの脱出(7)」英単語編
「英語苦手からの脱出(8)」まとめ編
 
この記事のカテゴリーは▼ 5. 人文・芸術・教育・科学・他 ▼英語苦手からの脱出 (全8話)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!

「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
ジョギングの速度
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
自作の池 
セロウム
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
池袋のホテル・メトロポリタンのスーペリア・ツインにポンパレで。質実剛健なホテル〜
ザ・プリンスさくらタワー禁煙のツインルーム (46.07平米)にお一人様で、アムールスパのエステもね。わはは。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209063889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。