2011年06月11日

「英語苦手からの脱出(6)」英作文編

簡単な会話から、レベルアップを図るなら、英作文です。英作文も英語の読書の時と同じように、ごくごく簡単なものから、はじめていけばいいのです。単語一つでも、会話になるようなものはたくさんあります。例えば、オールモスト!日本語だと、惜しい!って感じでしょうか?もう少し!ってことです。こんな些細な単語でも、日本語の方がネガティブで、英語の方がポジティプですよね。
 
単語一つの次は、台本みたいなちょっとオチのある会話文を作りました。英作文より簡単ですし、会話にも役立ちます。
 
そして、英作文です。日本語で作文が出来ないと、できませんが、無理にやっていれば、日本語の作文も出来るようになりますから、がんばりましょう。

いろいろな英作文の教材もやりましたが、こればっかりは、ネイティブの人に添削してもらって、教えてもらわないと、どうしようもないと思います。辞書に載っていても、ニュアンス的にとんでもない単語とかもありますし。使い方が合っているかどうかわからないのですから。ネットでも添削指導してくれる所があるようなので、そういったものを利用するといいのかもしれません。
 
私は、息子を通わせていた英会話教室の先生に、ちゃっかり教わっていました。息子の英語力は疑問ですが、私の英語力はお蔭様で大変アップしました。要するに、やる気の問題かもしれません。よく、外国に住まないと英会話はできるようにならない。という人がいますが、英語もあふれ、英語の教材もあふれかえっている日本で、出来ないわけがないと思います。
 
海外生活をしてきた人でも、使わなければどんどん出来なくなると言ってます。そういう私も、すっかり英語の勉強はしなくなっているので、やばいです。こんな風に、ぶっこいている場合じゃないのですが、意外に忘れてなくて、ビックリすることもあります。さっきも言ったように、今の日本は、英語があふれかえっていますから、自然に復習できるということもあると思います。努力した分は、そう簡単にはなくなっていかないのでしょう。
 


 
「招福センサー」の関連する記事
「英語苦手からの脱出(1)」英語の絵本編
「英語苦手からの脱出(2)」小学生向けの英語の本編
「英語苦手からの脱出(3)」英語の読み方編
「英語苦手からの脱出(4)」英語の発音編
「英語苦手からの脱出(5)」英会話編
「英語苦手からの脱出(6)」英作文編
「英語苦手からの脱出(7)」英単語編
「英語苦手からの脱出(8)」まとめ編
 
この記事のカテゴリーは▼ 5. 人文・芸術・教育・科学・他 ▼英語苦手からの脱出 (全8話)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!

「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
ジョギングの速度
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
自作の池 
セロウム
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
池袋のホテル・メトロポリタンのスーペリア・ツインにポンパレで。質実剛健なホテル〜
ザ・プリンスさくらタワー禁煙のツインルーム (46.07平米)にお一人様で、アムールスパのエステもね。わはは。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。