2011年06月07日

短歌の作り方〜心のスケッチとして〜

20110609222658
 
あるイメージを57577のリズムの言葉で表現するのが短歌です。575だと、俳句、川柳です。57575757と繰り返す、長歌というのもありますが、ほぼ万葉のみといっていいようです。たぶん、長くすると57の繰り返しが返って単調になってしまうせいだと思います。
 
〜心のスケッチとして〜イメージを言葉で書き留めたいということならば、短歌が最適なのではないかと、私は思います。俳句の575だと短すぎて読む人に任せる部分が多すぎるような気がするのです。俳句はその分の広がりが面白いのだとは思いますが。
 
短歌はその長さがちょうどいいから、その中身は57577に区切らなくてもいいのではないかとも思うのですが、どうしても仕方がない場合以外は57577にしたくなってしまいます。何か縛りがあったほうが面白いと、感じ取っているせいかもしれませんし、やっぱり57577のリズムが気持ちいいのかもしれません。しかし、、〜心のスケッチとして〜なので、ゆるく作っていいのだ。と思っています。
 
さて、短歌の作り方ですが、まず、何もないと出てきません。まずは、百人一首を丸覚えしましょう。さすがです!理屈っぽいなぁ〜。大げさだねぇ〜。かっこいいなぁ〜。とかいろいろな歌があります。わりとなんでもありです。名作ばかりでは疲れます。百人一首が愛されてきた理由も、そのバリエーション故だと思います。
 
こんな程度でもいい?と言うような自信が出てくると思います。
 
あとは、頭のねじを全部はずしましょう。
 
そして、めちゃめちゃ感情的な状態になりましょう。
 
20110607185930
こんな感じだと、ざんざん短歌が出てきます。
 
20110607185159
こんな感じでも、まあまあ出てきます。
 
20110528144731
こんな感じだと自然には短歌は出てきません。無理に作る感じになります。〜心〜がなくなってしまったのかもしれませんね。
 
自選百首
 
ナウな私の短歌
 


 
「招福センサー」の関連する記事
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
額田王 式子内親王 小野小町 殷富門院大輔
有島武郎から短歌。
金子みすず〜国民的詩人の悲惨な生涯〜をNHKで見ました。
なぜ人間は裸の猿?
 
この記事のカテゴリーは▼ 5. 人文・芸術・教育・科学・他 ▼言語表現 (短歌、、、)です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!
 
「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
ジョギングの速度
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
自作の池 
セロウム
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
池袋のホテル・メトロポリタンのスーペリア・ツインにポンパレで。質実剛健なホテル〜
ザ・プリンスさくらタワー禁煙のツインルーム (46.07平米)にお一人様で、アムールスパのエステもね。わはは。
 
posted by 招福 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語表現 (短歌、、、) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。