2011年06月06日

ホテルニューグリーン燕三条で原発放射線から避難生活

20110319104329
 
ホテルニューグリーン燕三条に10泊ほどしました。こんなにホテルに連泊したのは、新婚旅行で行ったクラブメッド・バリ以来です。最初はそんなに連泊するつもりはありませんでしたけど、1日伸ばしに泊まっていました。パソコンを借りて朝食もつけて、二人でちょうど1万円でした。
 
なぜそういうことになったのかといいうと、原発が爆発したからです。圧力容器が破損したというニュースを聞いて、会津若松から新潟へ避難することにしました。ニュースは本当だったようで、避難した日の午後には会津若松の放射線量が数倍に上がりました。今は、放射線の体への影響の知識も身につけましたが、原発をただウォッチしていた頃は、訳がわからないだけですから、逃げる一手しかありませんでした。
 
燕三条ではまだ原発から近いと思ったのですが、会津若松から出られればパニックに巻き込まれることはないだろうと、とりあえず、一泊しました。最初は富山ぐらいに行きたいと思ったのですが、ホテルニューグリーン燕三条はツインは結構広くて、
 
20110317083559
 
テレビもベッドから見やすくて小奇麗で、お風呂も広めで
 
20110317083435
 
窓があって新潟平野ビューで、気持ちが良くて丁度いいのです。ここから移動して、変なホテルになったら嫌だ。と思い、ホテルニューグリーン燕三条でしばらく様子を見る気になりました。
 
朝、起きて、新潟平野を見ながらお風呂に入り、
 
20110325081437
 
なかなか工夫されている朝食のビュッフェを食べながら朝日新聞を読み、
 
20110322090200
 
メールなどを打ち、部屋に戻ってちょっと部屋を片付けて、
 
20110324125414
 
ちょっとお出かけるかロビーでダラダラして、綺麗になった部屋に帰ってきて、息子ををお風呂に入らせて、勉強させて、自分も放射線の勉強をして、適当に夕ご飯を食べて、またお風呂。
 
という規則正しい生活を送っていました。完全にストレスフリーです。ホテルに住むって最高だなぁ。と思いました。そうしている間に原発も何とかなってくれれば良かったのですが、どうにもなりませんでした。もう、諦めるしかありません。放射線についてもそれなりの知識を蓄えて、納得したことにして帰ることにしました。
 
ホテル生活では体を動かす気になれずに、ひたすら快適をむさぼっていました。そうしたら、体全体がなんとなく痛くなりました。体が鈍るというのはこういうことかと思いました。
 


 
「招福センサー}の関連する記事
福島原発事故
三条鍛冶道場
「金、鍵、事故」 〜原発避難生活からのフレーズ〜
ザ・リッツ・カールトン・東京〜この上なさそうなホテル〜
ザ・プリンスさくらタワー禁煙のツインルーム (46.07平米)にお一人様で、アムールスパのエステもね。わはは。
 
お台場の双璧ホテル、「ホテル日航東京」と「グランパシフィックルダイバ」を総合的に比較
新都心?幕張のホテル・ザ・マンハッタンの真っ白な大理石のビューバス&インテリアはバブルの香り。
天王洲アイルの第一ホテル東京シーフォートのお部屋お任せプランで最上階のスーペリアツイン。いいですぅ〜。とってもいいですぅ〜。
ロイヤルパーク汐留タワーのデラックスルームは、魅力的な商品が満載の「ドリームルーム」でした。面白かったです。
パークホテル東京の花山椒で京懐石。一休レストランから1000ポイントのギフト券使用で、お得すぎ!
  
この記事のカテゴリーは▼ 1. 趣味と遊び ▼ホテル・宿泊です。
全てはこちらから!トップページ→「招福センサー」にようこそ!

「招福センサー」の人気記事
ひどいにきびの治療
ジョギングの速度
短歌の作り方〜心のスケッチとして〜
自作の池 
セロウム
超イケメンゴリラ・桃太郎〜あのぉ、ほんとにかっこいいんですけど〜
池袋のホテル・メトロポリタンのスーペリア・ツインにポンパレで。質実剛健なホテル〜
 
【関連する記事】
posted by 招福 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・宿泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。