2011年04月30日

自作の池(1)〜小さくても満足〜

20090730081249
 
10年位前に自分の庭に池を作りました。外注したのではなく自分でコンクリートをこねて作ったのです。コンクリートの袋自体が重いですし、コンクリートになるように水を入れて捏ねるのも力が要りますし、池を作るのはなかなか大変な作業でした。
 
なぜ、そうまでして池を作ったかというと、蓮の花が咲く池が欲しかったからです。10年たちましたが、残念ながら蓮は咲きません。睡蓮は綺麗に咲くのですが、蓮は何か難しいのでしょうか?池が狭いのでしょうか?品種を変えて植えてみるといいかもしれませんから、蓮の苗を探してみようかと思います。
 
蓮のための池と思っていたので、この池ではなにも飼うつもりはなかったのですが、ぼうふらがひどくて、めだかを入れて食べてもらうことにしました。めだかは観賞魚の餌なのでしょうか、ホームセンターでとても安く売っていたので、10匹入れました。
 
20110715081736
 
群れて泳いでいる姿はなかなか可愛くて、池を見る人にも人気がありました。餌をやらなくてもどんどん増えました。全部、色が薄いヒメダカを入れたはずですが、段々まだらなものとか黒いめだかが現れたりしました。どんなのが出てくるのかちょっと楽しみでもあります。
 
池のアイドルのめだかが激減した時がありました。しばらく何故かが分からなかったのですが、原因はヤゴでした。めだかをとって食べていたのです。1立方メートルの水があるかないかの池で、厳しい生存競争が起こっていたとは驚きました。
 
ヤゴのいる年はめだかの数が減り、ヤゴのいない年はめだかが増えているようです。黒やまだらな方が捕食されにくいのか、少ない時はヒメダカは目立ちません。変わって目立つようになるのは金魚です。金魚を買ったことはないのですが、夏祭りの金魚が繁殖しています。
 
夏祭りの金魚すくいは、面白くてついやってしまうと思います。しかし、池がないとその金魚はうちに帰ってどうしたものか困りものだと思います。うちの池には、ほかのおうちの金魚も集まってきます。「金魚ポスト」のようになっていきました。去年は、外出から帰ったら、ドアノブに金魚を入れた袋がぶら下がっていて驚きました。
 
金魚も交配が進み、まだらが出現しています。なかなかカッコいい模様やつもいます。金魚すくいサイズからずいぶん大きくなりました。
 
今日はお天気がいいから、空の雲を映して綺麗な池です。小さくても池があるというのはいいものです。今年はヤゴが来るでしょうか?
  


 
「招福センサー」の関連する記事
自作の池(1)〜小さくても満足〜
自作の池(2)〜コンクリでシンプル長持ち〜
自作の池(3)〜作り方のヒント・体力第1〜
自作の池(4)〜スイレンと蓮の花〜
 
「セロウムちゃん」(1)〜19年育てたかわいい子〜
「セロウムちゃん」(2)〜栽培のコツ〜
「セロウムちゃん」(3)〜新芽が腐ってピンチ!〜(2011年春)
「セロウムちゃん」(4)〜残念!葉焼け!〜(2011年・夏)
 
ウッドデッキを自作して15年経過、まだ大丈夫!
木陰のカバープラントは、ギボウシ・ホスタが最高です。
庭を林にしたいなら夏椿がお勧め。エコでキレイ!
 
この記事のカテゴリは▼ 2. 生活と健康 ▼お庭 (園芸・池・デッキ、、)です。
トップページ→「招福センサー」にようこそ!
 
「招福センサー」の記事からピックアップ!
「ウィステリア」(八重洲富士屋ホテル)〜ハッピーアワーはドリンク半額でおつまみもいい!〜
「ホテルヴィラフォンティーヌ」(汐留住友ビル)〜ハイグレード空間ビジネスホテル〜納得です!
「チャイナ・ガーデン」(汐留住友ビル)〜料理も接客も中国の人〜お得で、居心地も良かった!
「ブルディガラ・エクスプレス」(東京駅グランスタ)〜カンパーニュ、ニース、ブレッサンヌを食べ比べ〜
「マキシム」の「シャンパン・トリュフ」と「カフェタッセ ナポリタン5種」〜妥当な価格?〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。