2011年04月29日

お客様のこと〜忘れられない悲しいお話〜


 
今日のお店の最初のお客様は、いつも下着を買いに来るおじちゃんでした。ロトシックスの5桁目まで当たって、40万円もらったそうです。全部当たれば、一億数千万円だったとか。とっても嬉しそうなので、私も楽しい気分になれました。お客様とこんな風に話せるのも、小型店の良いところだと思っています。いったい何人のお客様と会話してきたのかと思いますが、一番印象深いのはとても悲しいお話です。
 
7年前の年末の仕入れで、私は綿のTシャツを買いました。綿のTシャツは冬には相応しくありませんでしたが、その柄は鶴に松に朝日と、大変おめでたいし、デザインもよかったので、お正月にふさわしいと思って買ったのです。そして、目立つ場所にディスプレーしました。
 
あるお客様が、このTシャツを気に入りましたが、
 
「春まで残っていたら買うわ。」
 
と言って買わずに帰りました。そのお客様は、話す時の目の力が強くてエネルギーが溢れているように感じられました。そして、私がいいな。と思う服を選んでいました。二日連続でいらして、息子さんと娘さんと一緒に楽しそうだったのです。こんなに仲のいい家族は見たことがなかったので、私にとても強い印象を残しました。
 
私は、そのお客様が好きになったので、おめでたい柄のTシャツをそのお客様に買っていただきたいと思い、Tシャツを目立たない場所に移動しておきました。
 
そして、ちょうど一週間たった時、私はそのお客様が交通事故で亡くなったことを聞きました。息子さんが店に来て、うちの店の店員さんに話していったのを聞いたのです。息子さんは、あのおめでたい柄のTシャツをお母さんのお棺に入れてあげるために買いに来たのだそうです。お客様は「あのTシャツは売れてしまうかしら?」と、とても気にしていたのだそうです。息子さんは涙を流しながら、話していったそうです。うちの店の人は亡くなられたお客様を知らないけど、もらい泣きしたそうです。
 
私もその話を聞いた時、泣きました。もし、息子さんと直接会っていたら、大粒の涙がこぼれたことでしょう。何か息子さんに言ってあげたいと思ったでしょうが、きっと泣くばかりで何も言えなかったと思います。
 


 
「招福センサー」の関連する記事
結婚、愛を誓い合う。
美しさ
洋服屋です。
父のお葬式
 
この記事のカテゴリーは▼ 5. 人文・芸術・教育・科学・他 ▼考えてみたことです。
トップページ→「招福センサー」にようこそ!

「招福センサー」の記事からピックアップ!
スーパーランナーズSBDG007〜すべての機能を使って、ペット化?〜
東京駅グランスタでお買い物(2013年3月5日)
私の「東京タワー・コレクション」〜なぜだか見えると嬉しい〜
自作の池(5)〜蓮の花が咲いたので新しい池を〜
「オイスターバー&レストラン・オストレア」〜ご縁で入って満足〜
 
posted by 招福 at 14:49| Comment(0) | 考えてみたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。